神経管閉鎖障害とは

神経管閉鎖障害は、脳や脊髄が作られる妊娠4〜5週の頃に起こる胎児の先天性異常で、
日本では1万人の新生児に対して6〜7人程度が発症すると言われています。

 

ただ、それは、産まれてきた子の割合です。現在ではエコーで神経管閉鎖障害だと分かって堕胎するケースが多いので、神経管閉鎖障害だと診断されるケースはもっと多いのです。

 

原因としては、遺伝もありますが、葉酸を摂取することで、
神経管閉鎖障害のリスクを低減させることが可能だということが認知され始めています。

 

アメリカでは、1990年代に神経管閉鎖障害による先天性の異常を予防するために葉酸接種の勧告をしました。それにより、アメリカやヨーロッパ諸国では神経管閉鎖障害が減少傾向にありますが、日本ではまだ増加しているのが現状です。

 

二分脊椎

二分脊椎は、神経管の下部に閉鎖障害が起き、脊椎の骨が脊椎の神経組織を覆っておらず、神経組織に障害がでます。主に運動障害、膀胱や直腸機能障害が起こります。

無脳症

無脳症は、神経管の丈夫で閉鎖障害が起こった場合に発症します。脳が形成不全を起こし、体は普通の赤ちゃんのように成長しても頭部がほとんど形成されないのです。無脳症になると、額から上部の頭蓋骨が形成されず、眼球が突出や欠落、口蓋裂も見られます。

 

胎児として生命が維持できても、産まれた後は短時間で死に至ります。
胎児の75%が死産で1週間以上生存することは稀ですが、中には1年以上生存したケースもあります。

 

妊娠中に無脳症だと分かった場合は、人工妊娠中絶手術をすることが多いのが現状です。
妊娠4ヶ月を過ぎたら超音波で出生前診断が可能です。