葉酸とは

葉酸は、水溶性のビタミンB群の一種で特に妊娠中の女性に必要不可欠です。
葉酸は、代謝に大きく関わっていて細胞の生産を補助したり、体の発育を促します。

 

特に胎児の正常な発育には必要不可欠です。妊娠していない男女ともに葉酸が必要ですが、普通に食事をしていれば欠乏することは無いと言われています。

 

しかし、妊娠中は葉酸を多く摂取するように指導されます。
本当なら、妊娠したいと望んでいるなら妊娠前から葉酸の摂取を心がけているべきです。

 

葉酸が特に必要なのは、妊娠の初段階から3ヶ月目ころまでです。
この頃に、胎児の基本的な体や機能が作られるからです。

 

妊娠が分かるのは2ヶ月目前後なのを考えると、妊娠が分かってから葉酸を摂り始めてもちょっと遅い気がしませんか?というより遅いですね・・・。結婚をして子供が欲しいと望んでいるなら、できるだけ早くに葉酸を豊富に摂取して妊娠に備えるべきなのです。

 

葉酸は、緑黄色野菜、うなぎ、苺、レバー、枝豆、納豆、のり、モロヘイヤ等に多く含まれています。
それらをコンスタントに摂取して健康的な食生活に心がけましょう。

 

妊娠1ヶ月前から妊娠3ヶ月までに摂取したい葉酸の量は1日400μgが目安です。かぼちゃやアスパラガス等の野菜から摂取する場合で、野菜を毎日350g程度食べると良いとされています。