葉酸が不足すると?

葉酸が必要なのは妊婦さんばかりとは限りません。

 

日本の厚生労働省が調査した結果、近頃の20歳から49歳の女性は完全に野菜の摂取不足で、同時に葉酸を必要十分に得ている人はほとんどいないということがわかっています。

 

野菜は1日350g以上摂るようにと言われてはいますが、実際にそれだけ食べている人はほとんどお目にかかれませんね。そもそもその設定がすごくハードルの高い設定だと思わざるを得ないのですが、野菜の品種が変化してきて、味をまろやかにしたり甘くしたり、渋みやえぐみなどを取り除く品種改良を行ってきた結果、昔のような必要栄養素が少なくなった野菜が増えてきているということかもしれません。

 

葉酸が不足すると貧血になり、もし妊婦さんに不足するとお腹の中の胎児にも多大な影響が出てしまいます。胎児に神経管閉鎖障害などが起こってしまう可能性もありますので、1日0.4mgの摂取を英国や日本の政府は呼びかけています。

 

神経管閉鎖障害というのは、脳や脊髄の大元となる神経の通る管がしっかり作られず、形が不完全になってしまう先天的な障害です。お母さんの摂った栄養一つで、お腹の赤ちゃんがそのような重大な病気になってしまう危険性があるなんて、本当に大変なことですよね。

 

ただ、葉酸も大量に摂れば摂っただけよいというものではなく、上限は一日1mgまでとされています。
なにごともしっかり管理することが大事ですから、サプリメントなどで適切な摂取をしたいですね。